用語集

赤い本

公益財団法人である日弁連交通事故相談センター東京支部が毎年発行している「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」のことです。表紙が赤いことから通称「赤い本」として呼ばれています。

過去の裁判例が豊富に載っているため、交通事故における損害賠償額を計算する際に保険会社や弁護士も参考として用いています。
参考:日弁連交通事故相談センター

用語集一覧に戻る