弁護士が教える、後悔したくない人のための12の重要キーワード

交通事故の慰謝料

交通事故に遭うと、精神的な苦痛に対して「慰謝料」を請求できます。慰謝料には3つの基準があり、どの基準を適用するかによってもらえる金額が大きく異なります。この記事では、慰謝料の相場や計算方法、弁護士への相談方法などを実例とあわせて解説します。

示談交渉

交通事故に遭ったら、当事者どうしで事故の責任の割合や損害賠償の金額について話し合い合意することが「示談交渉」です。交渉相手は相手の保険会社になるので、一般の方には容易ではないといえます。この記事では、示談交渉の流れや注意点、弁護士に相談するタイミングについて紹介します。

交通事故の弁護士

交通事故の被害に遭ったときは弁護士に依頼すると、その後の示談交渉が有利に進むケースが多くあります。しかし、どんな弁護士に依頼したら良いのでしょうか。この記事では、弁護士に依頼するメリットや「依頼すべき弁護士」「依頼すべきでない弁護士」などを通じて、弁護士の選び方をご紹介します。

弁護士特約

「弁護士特約」とは、交通事故の示談交渉にかかる弁護士費用を、保険会社が最大300万円程度まで補償してくれる特約サービスです。弁護士特約を利用すると、弁護士費用の負担はほぼなくなります。この記事では「弁護士特約」が使えるケースやメリット、注意点などについて解説します。

交通事故の弁護士費用

交通事故の示談交渉を弁護士へ依頼すると、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 この記事では、弁護士の費用のしくみと相場を実例とともに紹介するとともに、弁護士費用を抑える方法や弁護士費用を払うタイミングなどをご紹介します。

慰謝料計算

この記事では、慰謝料の相場や計算のしかたを解説しています。適正な慰謝料額を計算できる自動計算機もあるので、慰謝料の目安を知りたい方はぜひお試しください。また、相手側の保険会社から提示された慰謝料額に納得いかないときの対処法も紹介します。

むちうち

交通事故で「むちうち」になってしまった場合は、相手に「入通院慰謝料」を請求できます。また後遺障害の等級認定をされると「後遺障害慰謝料」も請求できます。この記事ではむちうちの慰謝料の相場や、請求のしかたと納得できる慰謝料を請求する方法を紹介します。

通院慰謝料

交通事故が原因のケガで通院した場合は、相手に「通院慰謝料」を請求できます。慰謝料には3つの計算基準があり、計算のしかたも異なります。この記事では、通院慰謝料の相場と計算方法、納得できる通院慰謝料の請求のしかたについて紹介します。

休業補償

交通事故に遭って仕事ができないときに、減った収入分を補償するのが「休業補償」と「休業損害」です。休業損害は自賠責保険から、休業補償は労災から支払われるもので、併用はできません。この記事では「休業補償」と「休業損害」の計算方法や、手続きの進め方について説明します。

過失割合

交通事故に遭って、相手の保険会社から提示された過失割合に納得できなかったら…実は過失割合は変更できる可能性があります。過失割合によって賠償金も異なるため、慎重に判断しましょう。この記事では、過失割合を変更する方法を紹介します。

被害者

交通事故の被害者になったら、きちんと対応しないと必要な補償が受けられないことがあります。特に追突事故では、自身が加入する保険会社が交渉をしてくれない場合があるので注意が必要です。この記事では、被害者になったらやるべきこと、傷害賠償金をしっかり請求する方法をご紹介します。

後遺障害

交通事故に遭って後遺症が残った場合は「後遺障害」として等級認定を受けることで、後遺障害慰謝料を請求することができます。この記事では、後遺障害の等級認定手続きの流れと、慰謝料額の目安について、また認定結果に納得できない場合の対処法を紹介します。