慰謝料の計算

2021.07.29更新

交通事故の慰謝料の任意保険基準はダメなの?計算方法と相場を解説

「保険会社に提示された慰謝料って妥当な金額なの?」

「もう少し多いと思ったんだけど…」

ここでは、交通事故での慰謝料について、「任意保険基準」と「弁護士基準」を中心に解説します。

任意保険基準は各自動車保険が設定している慰謝料の金額基準です。

十分な慰謝料の金額が提示されることはありません

自分が貰える慰謝料や損害賠償金が妥当なのかどうかを把握しましょう。

 

交通事故の任意保険基準の慰謝料は?慰謝料には3種類ある

任意保険基準での慰謝料には3つの種類があります。それぞれ計算の仕方が違うので、まずは、その種類について説明します。

交通事故にあった場合、被害者が加害者側に請求できる交通事故の慰謝料は3種類あります。

交通事故の慰謝料の種類
入通院慰謝料 交通事故によってケガをし、病院に入院や通院をしたことに対して支払われる慰謝料。
後遺障害慰謝料 交通事故によってケガをした後に治療をしても完治せず、後遺障害が残った場合の慰謝料。 ※後遺障害の程度や内容によって等級があり、等級が高いほど高額な慰謝料が認められる。
死亡慰謝料 交通事故によって被害者が死亡した場合に認められる慰謝料。
一概に慰謝料と言っても、一人一人もらえる種類が変わってきます。 ここからは、実際に入通院慰謝料から順番に金額の相場をみていきましょう。

任意保険基準の相場は?入通院慰謝料(傷害慰謝料)の場合

任意保険基準とは、保険会社と被害者が示談交渉する際に用いられる基準です。

保険会社が独自に設定しているため、細かな金額は各社で違います

実は任意保険基準の慰謝料額は最大の金額ではない

各社によって細かな計算方法は異なりますが、相場はあります。

以下の表を参考に見てください。

横が入院していた期間、縦が治療のために通院していた期間です。

任意保険基準による入通院慰謝料表(単位:万円)任意保険基準による入通院慰謝料表

保険会社により提示される任意保険基準は最低限の保証のみをする自賠責保険と比べても、変わりません

自賠責保険基準や任意保険基準よりも高く設定されているのが弁護士基準です。 では、弁護士基準での入通院慰謝料の相場も見てみましょう。

弁護士に示談代行を依頼すると慰謝料は2倍近くになることが多い

弁護士基準とは、弁護士に示談を代行してもらう場合に適用される基準です。

これは裁判で使用する基準と同じで、自賠責保険や任意保険基準と比べると高い慰謝料の算定基準です。

弁護士に相談せずに自分だけで交渉すると、弁護士基準での慰謝料を請求できません。

自賠責基準<任意保険基準<弁護士基準を示した画像

弁護士に依頼すると、弁護士基準が適用されるのでケースによっては慰謝料が2倍近く増えることも

また、弁護士に示談を代行してもらえるので、示談に費やす時間や手間を省くことができます。

弁護士基準の慰謝料については下の表を参考にしてください。弁護士基準の場合は症状の程度によって算定金額が異なります。

軽傷(むちうち・打撲等)の入通院慰謝料表(単位:万円)弁護士基準による軽傷(むちうち・打撲等)の入通院慰謝料表

重傷(骨折等)の入通院慰謝料表(単位:万円)弁護士基準による重傷(骨折等)の入通院慰謝料表

弁護士基準は、任意保険基準よりも高い基準が設定されています。 なので、任意保険基準のまま示談を終了させてしまうと、妥当な金額が支払われません。 これは入通院慰謝料に限ったことではないので、他の慰謝料でも比較して見ましょう。

任意保険基準の場合の後遺障害慰謝料の相場

事故での怪我が完治せず後遺症が残ってしまった場合に、この後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

後遺障害慰謝料は、後遺障害の等級によって異なります。

後遺障害の等級は1級から14級まであり、1級が最も程度が重いです。ムチ打ち症などは12級か14級のケースが多いです。

各基準による後遺障害慰謝料の金額は、以下のとおりです。

等級ごとの相場比較
等級 自賠責保険基準 任意保険基準 弁護士基準(裁判基準)
第14級 32万円 40万円 90~120万円
第13級 57万円 60万円 160~190万円
第12級 94万円 100万円 250~300万円
第11級 136万円 150万円 360~430万円
第10級 190万円 200万円 480~570万円
第9級 249万円 300万円 600~700万円
第8級 331万円 400万円 750~870万円
第7級 419万円 500万円 900~1,100万円
第6級 512万円 600万円 1,100~1,300万円
第5級 618万円 750万円 1,300~1,500万円
第4級 737万円 900万円 1,500~1,800万円
第3級 861万円 1,100万円 1,800~2,200万円
第2級 998万円 1,300万円 2,300~2,700万円
第1級 1,150万円 1,600万円 2,700~3,100万円
※2020年度版赤本より引用 ※慰謝料額は事故状況や加害者の対応によって増減します。目安としてお考えください。

上の表からわかるように、後遺障害の等級が高ければ高いほど、請求できる慰謝料が多くなり、任意保険基準の金額と弁護士基準の金額の差が大きくなります。

そのため、症状に見合った後遺障害等級認定を得ることが、慰謝料増額においては大事になります。

後遺障害慰謝料の場合でも、弁護士基準の方が任意保険基準より高額になるんです。 その他にも後遺障害等級によっても金額が変わります。 その場合は、弁護士に認定の手続きを依頼した方が高い等級になる可能性があります。

また、むちうちなどの治療は、整骨院ではなく整形外科で行いましょう

後遺障害認定を得るには、医師に後遺障害診断書を書いてもらう必要があります。整骨院・接骨院では後遺障害診断書を書いてもらことができません。

ですので、最初は整形外科に通院し、その後の回復状況次第で整骨院に変更するという選択がよいでしょう。

任意保険基準の死亡事故慰謝料の相場は?

最後に、死亡慰謝料の相場を見てみましょう。

死亡慰謝料については、「被害者の慰謝料」と「遺族の慰謝料」に分けられます

死亡事故においては、被害者本人だけでなくその遺族も精神的苦痛を受けるからです。

近親者には、民法711条に例示されている父母、配偶者、子どもだけでなく、事実婚の配偶者も含まれるとされています。

被害者本人の属性別に、任意保険基準と弁護士基準での慰謝料を比べてみましょう。

基準別の死亡慰謝料の相場

被害者の属性 自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準
一家の支柱 400万円 1500万円〜2000万円程度 2800万円〜3600万円程度
配偶者や母親など 400万円 1300万円〜1600万円程度 2000万円〜3200万円程度
子ども 400万円 1200万円〜1500万円程度 1800万円〜2600万円程度
高齢者 400万円 1100万円〜1400万円程度 1800万円〜2400万円程度
この通り、死亡慰謝料も任意保険基準と弁護士基準ではかなり金額が違います。 保険会社は自賠責基準の範囲を超える支払わなければならない必要最低限の金額を提示します。 しかし、弁護士基準なら被害者にとって妥当な金額を受け取ることが可能です。 慰謝料の金額が増額できること以外にも、弁護士に依頼するメリットがあるので見ていきましょう。

交通事故の慰謝料は弁護士基準を利用して請求を

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼で増額できる

交通事故の慰謝料は、弁護士基準なら最も高い金額を請求することは先ほど説明しました。

しかし弁護士に依頼しなければ、弁護士基準での金額を請求することはできません

相手保険会社は任意保険基準での金額を掲示した後、被害者の意見を加味して金額を増額することは、ほとんどありません。

また、保険会社との示談交渉はとても労力がかかり、うんざりしてしまう被害者の方が多くいらっしゃいます。

その点弁護士は、交渉の経験や豊富な案件知識を持って被害者が納得できるように示談を勧めてくれます。

弁護士への相談は、ほかにもこんなメリットがあります。

弁護士事務所に相談するメリット

  • 高額な示談金を受け取ることができる可能性がある
  • 過失割合を適正に割り当ててくれる
  • 後遺障害認定が受けやすくなる
  • 示談交渉を任せるのでストレスフリー
  • 時効などの法律的な問題で不利益を受けない

さらに弁護士費用特約に加入していれば弁護士費用の負担を大幅に減らすことができます。

弁護士特約は、家族が加入しているものでも利用可能です

まずはご自身、もしくは家族が弁護士特約に加入しているかどうか、確認してみましょう。

交通事故の慰謝料でお悩みの方、示談金額に納得のいかない方は、電話相談から弁護士に相談しましょう。

その場合、無料相談サービスを実施している弁護士事務所がおすすめです。

まとめ
POINT
  • 任意保険基準での慰謝料が必ずしも妥当な金額とは限らない
  • 被害者自身で行う示談交渉では増額が不可能に近い
  • 弁護士に依頼すれば慰謝料が2倍になるケースも
  • 弁護士特約があれば弁護士費用がタダ

関連記事一覧