2020.9.14 更新

交通事故の示談金はいつ頃もらえる?慰謝料を早く受け取る2つの方法

「ケガによる治療費や通院交通費など、出費が多くて今後の生活が不安…」
「示談が成立したら示談金はいつ頃もらえるの?」

交通事故のケガが原因で収入がない方や病院の治療費を立て替えている方は、金銭的に余裕がなく、一刻も早く示談金を受け取りたい方もいらっしゃると思います。

ですがケガの治療費や休業損害は示談成立前に請求できます

まとまったお金を受け取ることができれば、無理に示談を急ぐ必要はありません。

急いで示談交渉を行うと、損をしてしまう可能性があります。

  • 示談成立後~示談金振込までの流れ
  • 示談成立前に治療費や休業損害を受け取る方法
  • 示談交渉を早く終わらせ、より高額な示談金を受けとる方法
この記事でわかること

示談金はいつもらえる?示談成立後~示談金振込までの流れ

示談金の受け取りには、最短で2週間程度

示談が成立した後、示談金はいつもらえるのでしょうか?

示談金が振り込まれるまでは、少なくとも2週間はかかるでしょう

示談成立から示談金が振り込まれるまでの期間を3段階に分けて見てみましょう。

示談成立から示談金が振り込まれるまで

  1. 加害者の保険会社から示談書が届くまで数日
  2. 示談書の内容に間違いが無いかを入念にチェックしたあとサインと押印をして郵送するのに数日
  3. 加害者の保険会社での手続きがスムーズに行われれば支払いまでに2~3日

多少変動はありますが、示談金が振り込まれるまで通常早くても2週間程度かかるのが一般的です。

示談金が振り込まれない場合は保険会社に問い合わせ

示談が成立した後、一定の期間支払いが行われない場合は保険会社に問い合わせをしてみましょう。

まずは加害者の保険会社と連絡を取っている自分の保険会社の担当者に聞いてみてください

示談金は一括と分割どちらで支払われるのか

示談金は一括で振り込まれるのが原則となっています。

しかし、現状で加害者にその金額が払えない場合には、やむを得ず分割払いで行うこともあります

分割払いの場合は、今後支払われる見込みがあるかどうかも十分に確認をするのがよいでしょう。(連帯保証人や担保など)

分割払いの場合は、先にできる限り現状で支払い可能な大きな額を振り込んでもらい、あとで足りない金額を分割で補ってもらう方法が一番良いでしょう。

お金が足りない…今すぐ交通事故の示談金を受け取る2つの方法

治療費などの出費がかさんで、示談金が振り込まれるまで生活の余裕がない…という場合はどうすればよいでしょうか。

示談の成立までには時間がかかる

加害者側との示談が成立するまでには、ある程度の時間がかかります。

しかし、「早く示談金を手に入れたい」という理由で示談の成立を急いではいけません。

示談所に一度サインをしてしまったら、どんなに被害者の方に不利な条件だったとしても、やり直すことはできません

示談はやり直しがきかないため、多少の時間がかかったとしても、納得のいく形で示談を成立させる必要があります。

では、示談金が振り込まれるまで、どのようにしてお金を手に入れれば良いのでしょうか。

示談金は示談成立後に支払われますが、ケガの治療費や休業損害は、示談成立の前でも請求することができますよ

示談成立前でも治療費・休業損害は月ごとに請求できる

示談が成立して慰謝料の金額が決定しないと示談金を受け取ることはできませんが、示談成立前でも交通事故による損害賠償金を請求することができます。

治療費と休業損害は申請をすることで月ごとに振り込んでもらうことが可能なのです。

この仕組みのことを、仮渡金制度といいます。

では、月ごとの振込の手順をみてみましょう。

月ごとの振込の手順
治療費
  • (1)治療費の領収書を控える
  • (2)領収書を保険会社の担当者に送る
  • 休業損害
  • (1)保険会社所定の休業損害証明書と前年度の源泉徴収票を取得する
  • (2)上記の必要書類を保険会社に提出する
  • 以上の手順を踏むことで、示談成立前でも損害賠償金を請求できるので、流れに沿って請求をしてみましょう。

    これで、安心して示談交渉が進められそうです。

    では次に、実際に示談金を早く受け取る方法についてご説明していきます。

    交通事故の示談交渉を早く終わらせる方法|交渉をスムーズに進めるには?

    治療費は受け取れたものの、肝心の加害者側との示談がなかなかまとまりません。いつになれば示談金がもらえるのやら…

    示談交渉を有利に、かつスムーズに進めるには、弁護士に相談するのが良いでしょう。

    加害者側との交渉において、

    • 保険会社から提示された過失割合について納得ができない
    • 後遺障害の等級認定がされない

    など、示談交渉には数々の障壁があり、示談の成立には時間がかかることもあります。

    しかし、示談金は示談が成立しないともらえません。

    納得した形で、かつ、示談交渉を早く終えるための解決策は、弁護士に依頼をすることです。

    弁護士に依頼するメリット

    • 示談交渉をスムーズに終えられる
    • 示談金を増額できる

    示談交渉をスムーズに終えられる

    交通事故の示談交渉

    示談交渉に不慣れな被害者の方が、ご自身で直接保険会社と示談交渉を行うと、交渉がスムーズに行かず示談交渉が長引いてしまう可能性があります。

    示談交渉に必要な書類の用意や、実際の示談交渉には、専門知識を必要とするからです。

    そこで、示談交渉のプロである弁護士に依頼をすれば、スムーズに示談を終えることができます。

    必要書類の準備から、過失割合の修正、後遺障害の等級認定まで、すべて弁護士に任せることができます。

    ただし、弁護士に依頼する前にいったん示談に応じてしまっては、その内容を覆すことは弁護士であっても困難です。

    示談交渉前に弁護士に相談しましょう。

    示談金を増額できる

    治療中の段階で弁護士に依頼することで、示談交渉に有利になるアドバイスをもらい、治療の際に適切な行動を取ることができます。

    早い段階から適切な行動をとることで示談金を増額できます。

    また、自分で示談交渉を進める場合と違って、弁護士に依頼すると示談金の計算方法が弁護士基準になるため、さらに高額の示談金を請求することができます

    慰謝料の金額の基準は、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準(裁判基準)の3つがあり、弁護士基準が最も高い金額です。

    示談金の増額方法について詳細が知りたい方は、「交通事故の慰謝料相場はいくら?」を合わせてご覧ください。

    弁護士に依頼することで、示談交渉がスムーズに進み、結果的に示談金が早く手に入ります。
    もらえる示談金も増えるかもしれません。

    弁護士に依頼してみたいのですが、弁護士の依頼するための費用が用意できないかもしれません…

    「弁護士費用特約」という制度を使うと自己負担0で弁護士に依頼をすることができます

    弁護士費用特約に加入されている方は、自己負担0で弁護士に依頼できるので、費用面での心配はいりません。

    弁護士特約に加入していなくても、結果的にもらえる示談金が増えるのであれば、弁護士費用を考慮しても損はしないでしょう。

    示談成立後は原則的にやり直しができないので注意

    いったん、示談が成立してしまうと、原則的にやり直しはできません。

    弁護士であっても再交渉の依頼はできませんので、注意が必要です。

    示談書(免責証書)を保険会社に郵送してしまったあとでは、基本的に弁護士の介入が難しくなりますのでくれぐれも注意しましょう。

    ただし、口頭だけで示談書(免責証書)をまだ相手側の保険会社に送っていない状況であれば弁護士への依頼は可能です

    関連記事一覧

    交通事故で労災保険は使える?労災を利用する方法と慰謝料への影響

    「仕事中に交通事故にあった場合は労災保険が使えるの?」 「労災が使えないケースは?」 通勤中や仕事中に交通事故の被害者となってしまったときには、労災保険の適用が可能です。 交...

    【計算ツール付】交通事故の慰謝料計算|自賠責・任意保険・弁護士基準の金額比較

    「自分はどれくらい慰謝料を受け取れるの?」 「保険会社に提示された慰謝料は妥当な金額?」 交通事故の被害者の方が請求できる慰謝料には 入通院慰謝料→ケガをした場合 後遺...

    むちうちの慰謝料相場は?交通事故の慰謝料を納得できる金額にするために

    「むちうちの慰謝料相場はどれくらい?」 「通院の頻度はどれくらいがいいの?」 むちうちの症状には個人差がありますが、通院頻度としては週2〜3日以上が目安となるでしょう。 通院...

    交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

    「交通事故によるケガで6ヶ月通院した場合の慰謝料の相場が知りたい」 「保険会社から提示された慰謝料が妥当な金額かわからない」 慰謝料の金額は、どのような基準で決められるのでしょう? また、...

    交通事故における「休業補償」と「休業損害」の違いと計算・手続き方法

    交通事故のせいで仕事できない…。減った収入は取り戻せる? 交通事故の被害者となってしまい仕事ができないときに、減った収入分を補てんするのが休業補償(損害)です。 受け取れる金額は、職業...

    お悩み別ページ

    ページランキング

    1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
    2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
    3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
    4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
    5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

    カテゴリ一から探す