2020.9.8 更新

自転車で走行中に交通事故にあってしまった…過失割合の基準と具体例

自転車による交通事故は、相手が自動車やバイクだと、被害者のケガの程度も重くなりやすいと言えます。

そのため、被害者側の過失割合は低くなる傾向にあるのです。

一方で、自転車同士の事故の場合には、過失割合の捉え方も少し異なるため注意が必要でもあります。

納得のいく補償を受けるためにも、過失割合についての基本的なポイントを押さえておきましょう。

この記事では、自転車事故による過失割合の基準や損害賠償請求に与える影響などについて、具体例を交えながら解説していきます。

過失割合はどうやって決まる?自動車との事故では自転車側が有利になる

過失割合は交通事故の当事者が、事故の結果に対して担う責任の割合のことを指します。

被害者にも過失がある場合には、その割合に応じて損害賠償金が減らされることもあります(過失相殺)。

過失割合は多くのケースでは、保険会社との示談交渉によって決まります。

保険会社から提示される過失割合は過去の判例をもとにしているため、被害者側が納得すればそれで当事者の過失割合が決まるのです。

事故の相手方が自動車やバイクを運転していたときには、自転車に乗っていた被害者側の過失割合は低くなる傾向にあります。

なぜなら、車両のサイズが小さいほうが事故による被害を受けやすいからです。

四輪車→バイク→自転車→人の順に過失割合は低くなっていくことを優者危険負担の原則と言います。

ただし、自転車同士の事故のケースでは過失割合の捉え方も異なるので注意が必要です。

過失割合について話し合いがまとまらないときには、裁判で争う方法もあります。

納得できる補償を受けるためにも、過失割合の基本的な考え方を押さえておくことが重要です。

相手が自動車やバイクを運転していたときの過失割合

事故の相手が自動車でもバイクでも、過失割合に違いはありません。

過失割合は当事者の話し合いによって決められますが、その基準となるのが過去の判例などです。

目安となる過失割合は事故のケースごとに決まっているので、示談交渉を行う際の1つの基準として押さえておきましょう。

■信号機のある交差点
●直進同士のケース

自転車 四輪車
自転車(青)・四輪車(赤) 0% 100%
自転車(赤)・四輪車(赤) 80% 20%
自転車(黄)・四輪車(赤) 10% 90%
自転車(黄)・四輪車(青) 45% 55%
自転車(赤)・四輪車(黄) 60% 40%
両方とも赤で進入 30% 70%

※日弁連交通事故相談センター東京支部 『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』(赤い本)参照。以下同じ。

●自転車右折・四輪車直進のケース

自転車 四輪車
両方とも青で進入 50% 50%
自転車(青で進入して黄で右折)・四輪車(黄) 20% 80%
両方とも黄で進入 40% 60%
両方とも赤で進入 30% 70%

●自転車直進・四輪車右折のケース

自転車 四輪車
両方とも青で進入 10% 90%
自転車(黄)・四輪車(青で進入して黄で右折) 40% 60%
両方とも黄で進入 20% 80%
自転車(赤)・四輪車(青で進入して赤で右折) 70% 30%
自転車(赤)・四輪車(黄で進入して赤で右折) 50% 50%
自転車(赤)・四輪車(右折可の信号で右折) 80% 20%

■信号機のない交差点
●直進同士のケース

自転車 四輪車
自転車のほうが広い道 10% 90%
四輪車のほうが広い道 30% 70%
自転車が優先道路 10% 90%
四輪車が優先道路 50% 50%
自転車に一時停止規制 40% 60%
四輪車に一時停止規制 10% 90%
自転車の一方通行違反 50% 50%
四輪車の一方通行違反 10% 90%

●自転車が直進・四輪車が右折のケース

自転車 四輪車
同じ道路に対向方向から進入 10% 90%
道路の幅がほとんど変わらない 20% 80%

●自動車が右折・四輪車が直進のケース

自転車 四輪車
同じ道路に対向方向から進入 50% 50%
道路の幅がほとんど変わらない 30% 70%

■丁字路

自転車 四輪車
自転車が直進・四輪車が右折 20% 80%
自転車が右折・四輪車が直進 30% 70%

■交差点以外
●正面衝突・巻き込み・追突などのケース

自転車 四輪車
四輪車がセンターラインを超えて、正面衝突 0% 100%
後ろからきた四輪車が自転車を巻き込む 10% 90%
渋滞中の事故 10% 90%
進路変更をしようとした自転車が後ろからきた四輪車に追突される 20% 80%
四輪車がドアを開けたときに、後ろからきた自転車と衝突 0% 100%

過失相殺は適用される!自転車同士の過失割合

自転車同士の事故であっても、過失相殺は適用されます。

事故の状況によっては、被害者もそれなりの過失を負うケースもあるので、きちんと把握しておくことが大切です。

個別のケースについてまとめると、以下の表のようになります。

■信号機のある交差点のケース

信号の色(A:B) A B
青:赤 0% 100%
黄:赤 20% 80%
両方とも赤 50% 50%

■信号機のない交差点のケース

一時停止の規制 規制なし 規制あり
30% 70%
同じ道幅の交差点 左方車 右方車
45% 55%

■丁字路のケース

一時停止の規制 規制なし 規制あり
25% 75%
同じ道幅の交差点 直進車 右左折車
40% 60%

■交差点以外のケース

正面衝突(歩道以外) 50:50
正面衝突(歩道上) 50:50
追突(先行車:後続車) 0:100

修正要素とは?過失割合が変動するケース

過失割合は過去の判例などが基準となるものの、交通事故の個別的な事情によって変動する「修正要素」と呼ばれるものがあります。

修正要素には過失割合が減るものもあれば、逆に増えるものもあり、おおむね5~20%の幅で過失割合が修正されます。

それぞれのケース別に、修正要素がどの程度影響するのかを見ていきましょう。

被害者の過失割合が増えるケース

相手ドライバーがバイクや自動車を運転しているときには、自転車を運転している側の過失割合は低くなる傾向にあります。

しかし、わき見運転や無灯火での運転など、被害者(自転車)側にも過失があるケースではその程度に応じて被害者側に過失割合が加算されるので注意が必要です。

主なものをまとめると、以下の表のようになります。

修正要素 加算される割合 ポイント
著しい過失 10~20% 酒気帯び運転・ブレーキが壊れたままの運転・二人乗り・わき見運転など。
重過失 10~15% 酒酔い運転・居眠り運転・両手を放したままの運転など。
夜間の事故 5% 夜間は自動車が自転車を発見しづらいため。
一時停止無視・右折禁止違反 10%
その他 5~20% スマホを操作しながらの運転・無灯火・並進運転・傘差し運転など。

被害者の過失割合が減るケース

被害者が児童や老人、自転車横断帯を通行しているときに事故にあったケースなどでは、過失割合は低くなります。

また、相手ドライバーに重大な過失があるといった場合も同様です。

被害者の過失割合が減るケースをまとめると、以下のような表となります。

修正要素 減らされる割合 ポイント
幼児・児童・老人 5~10% 13歳未満もしくは65歳以上
自転車横断帯・横断歩道の通行時 10% 横断歩道などを通過するときには、バイクや自転車のドライバーは慎重に運転する必要があるため。
相手ドライバーが交差点であるのに、徐行や減速をしない 10%
相手ドライバーのスピード違反 10%
相手ドライバーの重過失 20% 酒気帯び運転・わき見運転・無免許運転など。

加害者が過失を認めない…困ったときには弁護士に相談しよう

事故の過失割合については、示談交渉の場で話し合いによって決まるため、被害者としての損害をまずは明確にしておく必要があります。

ケガの完治もしくは症状固定(治療を継続しても症状の改善が見られない状態)、後遺障害の認定を受けてから示談交渉を行いましょう。

自転車事故の場合は、自分の保険会社が動いてくれないということもあり、被害者自身が相手方の保険会社と話し合いを進めなければなりません。

そのため、示談交渉がうまく進まない可能性もあります。

過失割合は過去の判例によってある程度の基準が決まっているので、個別の事情を被害者が1人で説明するのは難しい面もあるのです。

保険会社から提示された過失割合に納得できなかったり、示談交渉の進め方に悩んでしまったりしたときには、弁護士に相談をするのも問題の解決につながります。

事故の損害に関する賠償請求は法律的な面が絡んでくるので、弁護士であれば明確な根拠をもって示談交渉を任せられます。

まとめ

自転車事故は時として大きな損害を被ってしまうものでもあるため、過失割合を決めるときにはポイントをよく見極める必要があります。

事故のケースによってある程度は過失割合の基準は決まっていますが、個別の事情も踏まえたうえで示談交渉を進めていくことが大切です。

ただ、自転車事故の場合では自分の保険会社が動いてくれないケースも多いので、相手方の保険会社と1人で話し合いを進めることにためらいを感じてしまう面もあるでしょう。

過失割合について加害者側との話し合いがまとまらないときには、弁護士に相談をしてみるのも1つの方法です。

納得できる形で過失割合を決め、適正な補償を受けましょう。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-734-020

関連記事一覧

交通事故の過失割合が9対1や8対2の被害者必読|損害賠償額が減る理由と対策法

「どう考えても相手が悪いのに過失割合9対1なのはなぜ?納得できない」 「過失割合8対2になる事故ケースが知りたい」 過失割合が8対2や9対1の場合 被害者自身が請求できる金額...

過失割合の修正要素|保険会社を信じるな!事故ケースごとの判断方法

「保険会社から提示された過失割合に修正要素が適応されていたけど、割合はこれ以上低くならないの?」 「保険会社に過失割合について抗議しても、こちらが素人だと考えて威圧的に対応してくる」 ...

交通事故の過失割合は誰が決めるのか?

交通事故の過失割合は誰がどんな流れで決めているのか交通事故において保険会社による示談で決まった過失割合に納得できない場合 交通事故の過失 ...

交通事故の過失割合に納得できない|変更のための3つの方法

「被害者なのに過失割合が0じゃないのは納得できない」 交通事故にあい、知識がない被害者の方が保険会社に提示されたままの過失割合を受け入れてしまい、納得のいかない形で交渉を終えてしまうケー...

交通事故で過失割合10対0になる9つの事例|イラスト付きで解説

「明らかに過失割合10対0だけど保険会社が認めてくれない」 『弁護士に依頼をすれば事故の状況から調査をし、過失割合を見直してもらえる可能性があります』 交通事故の過失割合は加害...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す