2020.12.18 更新

過失割合は誰が決める?交通事故の賠償請求は納得できる形を選ぼう!

交通事故の被害者となってしまった場合には、加害者に対して損害賠償請求を行えます。
ただ、事故の責任について当事者間で揉めてしまうこともあり、被害者にとっては心理的な負担も大きいものです。
過失割合は当事者の話し合いで決まるものではありますが、被害者側に不利となる提示をされてしまうケースもめずらしくありません。
この記事では、交通事故の過失割合がどのように決まるのかを解説すると共に、損害賠償請求に与える影響について紹介します。

過失割合とは?警察ではなく当事者同士の話し合いで決められる

交通事故における過失割合とは、事故に対する責任が当事者(加害者・被害者)の間でどれくらいあるのかを割合として示したものです。

過失割合について押さえておきたいポイントは、警察が決めるのではなく、あくまでも当事者同士の話し合いによって決められるという点です。

事故発生後に警察が行う実況見分は、あくまでも交通事故の記録を残すためのものであり、過失割合については示談交渉の流れの中で決められます。

一般的には、保険会社から過失割合を提示されるケースが多い点も押さえておきましょう。

過去の判例などにもとづいて過失割合は決められますが、個別の事情を必ずしも反映してはいないため、当事者間で争ってしまうケースもあるのです。

過失割合を含めた示談交渉の内容に納得ができないときには、安易にサインをしてしまってはいけません。

示談が成立してしまうと、後から覆すことが難しくなってしまうので、過失割合については慎重に判断していく必要があります。

過失割合の判断基準と修正要素

過失割合と修正要素

過失割合は、過去に起こった交通事故の判例をもとにして決められるのが一般的です。

事故のパターンによって、ある程度は過失割合の基準が決まっているため、示談交渉を進めていく上での目安となります。

また、過失割合を考えるときには、修正要素についても理解をしておく必要があります。

修正要素とは、事故状況に応じて過失割合がプラスになったり、マイナスになったりする要素です。

車同士の事故において主なものを取り上げると、以下のようになります。

著しい過失 ・わき見運転や酒気帯び運転
・ハンドルやブレーキの著しい操作ミス
重過失 ・居眠り運転や無免許運転
・時速30キロメートル以上の速度違反
大型車 大型車は普通車に比べて注意義務が高い
直近右折 ・直進車の至近距離で右折
・交差点で直進車が停止線を超えた後の右折
早回り右折 交差点の中心内側を通らずに右折
大回り右折 道路の中央に寄らないままの右折
既右折 右折車が右折し終わっている状態で直進車が衝突

事故状況によって、該当する車のほうに5~20%の過失が加えられます。

自分で判例を確認する方法と事例

過失割合については相手方の保険会社が通知してくるのが一般的ですが、個別の事情を細かく反映しているとはかぎらないものです。

過去の判例をもとに過失割合は決められているので、自分で調べてみるのも方法の1つだと言えます。

自分で調べるには、以下の3つの本を紐解いてみると良いでしょう。

■民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準・別冊判例タイムズ
■民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(赤い本)
■交通事故損害額算定基準(青い本)

いずれの本も個人で入手できるものであるため、どのような事例があるのかをチェックできます。

いくつか具体的な事例を取り上げてみましょう。

■事例1:【信号機のない交差点で、直進していた車同士が同じスピードで衝突】
交差点に進入する車は左通行であるため、基本的に左側のほうが見やすく、事故を回避するための責任が重くなります。信号機が設置されていない交差点においては、左側から走行してくる車(被害者)のほうが優先です。そのため、過失割合は6:4(加害者:被害者)となります。
■事例2:【信号機がなく、一方に一時停止規制がある交差点において、直進していた車同士が衝突】
一時停止規制のある道路を走行している車は、停止線の手前で一時停止をして左右の安全確認をする必要があります。また、一時停止規制がない道路を走行している車(被害者)であっても、見通しがきかない交差点を通過するときには徐行しなければなりません。このケースでの過失割合は8:2(加害者:被害者)となります。
■事例3:【信号機のある交差点で、直進している車同士が交差点に進入して衝突】
信号機が設置されている交差点では、信号に従う必要があります。そのため、青信号で進入した車(被害者)には過失がなく、赤信号で進入してきた車には過失があります。この場合の過失割合は10:0(加害者:被害者)となりますが、青信号の車のほうも前方に注意していれば簡単に事故を回避できたという場合には過失が問われることもあるので注意が必要です。

【ケース別】過失割合が損害賠償金に与える影響

過失割合が具体的にどの程度、損害賠償金に影響を与えるかは過去の判例から読み解くことができます。

損害賠償額・過失割合・判例概要のポイントに絞って、具体的なケースを見ていきましょう。

【判例1】:秋田地裁・平成22年9月9日判決
■損害賠償額 約8,610万円
■過失割合 10:0
■事故状況 被害者の車に乗っていた姉妹が死亡
追い越し禁止となっている片側一車線の道路において、加害者の車が前方車を追い越そうとして対向車線にはみ出したところ、向かい側から進行してきた被害者の車と衝突してしまった事故です。加害者の車は制限速度60キロメートルを超えた時速76~89キロメートルで走行しており、スピード違反もしていました。加害者側の全面的な過失が認められ、過失割合は10:0となっています。

過失割合で意見が食い違う…1人で悩まずに弁護士に相談しよう

交通事故による損害が大きければ大きいほど、損害賠償額も高くなりやすい傾向にあります。

そのため、過失割合について当事者間で争いとなってしまうのもめずらしくないものです。

過失割合は話し合いによって決められるので、たとえ正しい主張をしていたとしても、相手方の保険会社が応じてくれるとはかぎりません。

加害者側の責任を証明するには専門的な知識も必要になってくるので、被害者1人で対応するのは大変でもあります。

示談交渉をスムーズに進めるための方法としては、交通事故事案に詳しい弁護士に相談してみるのも1つの方法です。

弁護士のサポートを受けることで個別の事情を考慮した損害賠償請求ができますし、過失割合について正しい主張ができるでしょう。

依頼をするには費用がかかるものの、「着手金なし・成功報酬型」としている弁護士事務所もあるので、あらかじめ手元にお金を用意していなくても相談できます。

1人で悩んでしまう前に、早めに相談をすることが大切です。

まとめ

交通事故の過失割合は、そのまま損害賠償請求にもつながるので、当事者間では話し合いがまとまりづらい面があります。

ただ、示談交渉がいつまでも長引いてしまえば必要な補償が受けられずに、困ってしまうこともあるでしょう。

1人ですべてを対処しようとするのではなく、交通事故事案に詳しい弁護士のサポートを受けてみることも大切です。

専門家のアドバイスを得ることで、加害者側ときちんと話し合いを進めていけます。

過失割合についての基本的なポイントを押さえたうえで、スムーズに示談交渉を進めていく流れを作ってみましょう。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-382-031

関連記事一覧

交通事故の過失割合は変えられる?弁護士に相談するときのポイント

交通事故の被害者になったとき、加害者に請求できる損害賠償金は、過失割合によっても違ってきます。 過失割合は過去の判例をもとに相手方の保険会社から提示されるのが一般的ですが、被害者としては納得できない...

【判例あり】交通事故の相手が飲酒運転!過失割合はどうなる?

「交通事故の相手が飲酒運転だった!損害賠償に影響はあるの?」 「過失割合」は、交通事故による損害賠償額に大きな影響を及ぼします。 過失割合が大きければ大きいほど、加害者が支払うべき...

交通事故の過失割合でもめる原因とは?対処法も合わせて紹介

「示談交渉で過失割合を決めるのはトラブルになりそう…」 「過失割合で相手側ともめてしまったらどうしよう…」 交通事故の被害者が示談交渉で、トラブルに陥りやすいのが過失割合の決定です。 というのも...

きちんと補償を受けたい!交差点での交通事故における過失割合

交差点における交通事故でも、基本的には一般的な事故と同じように、相手方の保険会社から過失割合が提示されます。 ただ、被害者側にとって納得できる過失割合が示されるとはかぎらないので、安易な気持ちで示談...

高速道路で交通事故の被害にあったら…過失割合を考えるポイント

高速道路を走行中に交通事故の被害者となってしまうケースもあります。 高速道路上での事故では過失割合の相場はある程度は決められていますが、時として重大な事故にもなってしまうので、個別の状況でも変わって...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す