2020.6.15 更新

交通事故の体験談|相手は飲酒運転!事故示談を弁護士に依頼しなかった体験談

なんと相手は飲酒運転!相手とたまたま同じ保険会社だったので非常にスムーズに示談成立しました。弁護士には依頼しなかったですが、相手が犯罪者の場合はもっと高額の慰謝料が受け取れたかもしれないので、少し後悔しています。

宮城県 30代 男性

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム マック坂本
年齢 22
職業 ミュージシャン
当事者/親族 当事者
事故時期 2015/4
事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、右手首骨折、右頬打撲
示談金 150万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 9.5:0.5
示談締結までの期間 6ヶ月半
症状固定までの通院期間 6ヶ月半
弁護士への相談 しなかった

事故の状況|相手は飲酒運転

彼女とデートするため、待ち合わせ場所に車で向かっていました。

走り慣れた道を走行しており、見通しのいい片側二車線の交差点を通り抜けようとしたときに、右折車が急に曲がってきて、急ブレーキをかけながらハンドルを切ったのですが、間に合わず衝突してしまいました。

相手は車が反転し中央分離帯に衝突、私の車は縁石に乗っかり、そのまま横倒しとなり停止しました。

そのときに、顔面をハンドルに打ちつけ、右手も強打してしまいました。近くを通りかかった人に警察と救急車を要請してもらい、車内で動けなかった私も救助されました。

警察の聴取がある程度終わったところで、保険会社に連絡しました。

右手首を骨折し入院に

保険会社に事故の経緯を伝えると、まずは病院へ行くように、それから事故状況を整理して今後の対応をしますと言われました。とりあえず救急搬送され、右手首を骨折しているので手術を受けました。

2日間入院した後退院となりました。保険会社にも退院した旨を伝えると、示談は順調に進んでいるので決まり次第、慰謝料が振り込まれますので安心してくださいと伝えてくれました。

たまたま保険会社が相手と同じ!スムーズに示談

私の保険会社の対応はすばやく、処理も短期間で完了しました。

というのは、相手の保険会社も私と同じ会社だったのです。

これはたまたまでしたが、双方が同じ保険会社だと話が早いということがわかりました。

過失割合は9.5対0.5に

過失割合は私が0.5で、相手が9.5でした。信号無視ではなく、速度超過もなかったので私に過失はありませんでした。

ただ、車が動いていたという事実だけで0.5が私につきました。相手は、車が来ているのをわかっていたにもかかわらず、急発進ですり抜けようとしたらしく、危険運転致死傷罪と進行妨害に問われたようです。

相手は飲酒運転!免許取消と危険運転致死傷罪に

保険会社の方がびっくりしたのが飲酒運転だったようです。保険会社の方いわく、免許取消と危険運転致死傷罪で罰せられるとのことでした。

弁護士特約はあったが弁護士に依頼せず

弁護士特約をつけていたのですが、保険会社の対応がスピーディーで、過失割合も納得できる内容だったので、弁護士を雇うという考えはありませんでした。

ただ、友人に聞いたところ、弁護士を雇った場合は弁護士基準で慰謝料が下りると聞いて、そうだったのかと思いました。

相手が犯罪者のため依頼すればよかったと後悔

また、相手が犯罪者となればそれなりの金額がもらえたかもしれないと言われ、少し後悔しています。

ただ、それも仮定の話なので、実際にはどうなったかわかりませんし、時間がかかってはこちらも困ると思ったので、今では保険会社の方に対応してもらってよかったと思っています。

今後、もし事故にあってしまったら弁護士を利用してみようと思います。

相手が飲酒運転なら弁護士依頼すべき

相手が飲酒運転など、危険運転をしている場合は弁護士を入れてください。示談金が大きく変わる可能性があるので、保険会社と示談交渉をしてしまうと妥当な金額の慰謝料が受け取れなくなってしまいます。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-734-020

関連記事一覧

交通事故で警察が介入し示談交渉|弁護士に依頼すればと後悔の体験談

「警察が示談に介入してきたけど...」 「正当な慰謝料を勝ち取りたい!」 交通事故で警察が介入し、警察が示談を行うケースがあります。この記事の体験談で被害者は実際に警察に示談を任せ...

示談交渉が長引くのは避けたい!示談交渉を自分でした体験談

事故後に治療手当が打ち切られ通院がストップに弁護士に依頼しなくてもできると考えました 事故後に治療手当が打ち切られ通院がストップに 駐車 ...

示談交渉を保険会社に任せることが効果的な理由

交通事故後の示談交渉は、加害者あるいは被害者と直接話し合いたいと思う方もいるかもしれません。 しかし、当事者同士の交渉となると、お互い相手との主張が噛み合わないことが多く、示談となるまでに多くの時間...

友人のアドバイスで示談交渉を弁護士に依頼することに!結果的に弁護士に依頼して良かった体験談

停車中に後方から追突!むちうちと手首足首を怪我友人の経験から弁護士に依頼することに。結論依頼して良かった 停車中に後方から追突!むちうち ...

相手の優しさで示談金ゼロ!気が緩んで起こしてしまった交通事故

交通事故における示談交渉では、多くのケースで弁護士に依頼をして行われます。 弁護士に依頼することにはメリット・デメリットがあります。 しかし、弁護士に依頼するのではない示談交渉もあるようです。 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す