2020.10.16 更新

【2020年版】交通事故の慰謝料|相場と正しい計算方法まとめ

-->

カテゴリー内記事一覧| ARTICLE

交通事故における「休業補償」と「休業損害」の違いと計算・手続き方法

交通事故のせいで仕事できない…。減った収入は取り戻せる? 交通事故の被害者となってしまい仕事ができないときに、減った収入分を補てんするのが休業補償(損害)です。 受け取れる金額は、...

母子家庭だと影響ある?交通事故の慰謝料と休業損害のとらえ方

「母子家庭で交通事故にあってしまったら…慰謝料はどうなる?」 交通事故の被害者になれば、ケガの治療だけでなく、仕事を休まなければならないなど生活に大きな影響が出てしまいます。 普段から仕事...

交通事故の慰謝料は途中払いができる?手続き方法と注意点

交通事故示談前に慰謝料の一部でも先に受け取りたい 交通事故の被害にあったときには、経済的にも大きなダメージを受けるケースもめずらしくありません。 ケガをしたせいで仕事ができない、治...

交通事故の慰謝料は通院が少ないと不利?骨折での損害賠償のポイント

通院回数が少ないと慰謝料は減ってしまうの? 自賠責保険から支払われる交通事故の慰謝料の金額は、通院回数(日数)が関係します。 とはいえ、たとえば骨折のように自然治癒を待つ症状の場合...

会社員だと違いはある?交通事故の慰謝料と損害賠償請求のポイント

会社員が交通事故にあったとき、慰謝料にどのくらい影響がある? 交通事故の慰謝料は年齢や職業・収入によって、変動することはありません。 ただし、交通事故の損害賠償は慰謝料だけではあり...

交通事故の加害者が無保険だとどうなる?慰謝料の請求と対処法

事故の相手が無保険だった…。慰謝料はきちんと支払われる? 交通事故で被害者が受け取る慰謝料は、ケガの大きさにもよっては何十万、何百万円に及ぶこともあります。 そのため、加害者が保険...

交通事故における逸失利益とは? 具体的な計算方法と増額した事例

「逸失利益ってなに?どうやって計算するの?」 交通事故の被害者となってしまったときには、治療費や慰謝料だけでなくさまざまな項目で損害賠償が行えます。 その中のひとつが逸失利益で、交...

交通事故における仮渡金とは?受け取れる金額と申請方法

交通事故の被害者は加害者から治療費や慰謝料など損害賠償を受け取れます。 しかし実際に金銭を受け取れるのは、治療・事故示談が終わってから、つまり交通事故にあって数ヶ月以上経ってからであることが通常...

高齢者が交通事故に…慰謝料や休業損害・逸失利益はどうなる?

交通事故の被害にあい、ケガを負うと被害者は加害者に慰謝料を請求できます。 もしかすると、 「高齢者が交通事故の被害にあっても、仕事はしていないから慰謝料が安くなってしまうのでは?」 と不安を...

交通事故で4ヶ月通院治療をしたときの慰謝料と治療費打ち切りへの対処法

交通事故の治療に4ヶ月通院したときの慰謝料はいくら? 交通事故によって4ヶ月も治療を続けていると、治療疲れもあるでしょうし、生活への影響も少なからず生じているのではないでしょうか? ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す