取扱業務

顧問契約

  • 困ったときに気軽に相談できる弁護士がほしい。
  • 取引の契約書を新たに作成したい。
  • 契約前に契約書のチェックをしたい。
  • 会社の規則を整備したい。

弁護士と顧問契約を結ぶ一番のメリットは、法律に関することなら何でも気軽にご相談いただけるという点でしょう。経営者という立場にある方は、同業者や友人であっても、会社の内情に関することを相談するわけにはいきません。その点、弁護士には守秘義務が課されていますので、気軽に、安心してご相談いただけます。

また、顧問弁護士は企業にとって法務部の代わりにもなります。弁護士は、法律の専門家として会社間の取引に不可欠な契約書のチェックなどを行い、トラブルを未然に防ぐことができます。顧問契約を結ぶことで、会社に法務部を置くよりも経費の節減になるだけでなく、コンプライアンスを重視している会社とみなされ、信用度が上がるという効果も期待できます。

弁護士との顧問契約をお考えの場合、ぜひ弁護士法人ステラにご相談ください。

顧問契約のメリット

いつでも相談できます

法的問題が生じてから弁護士を探して相談することになりますと、時間や労力がかかってしまい、
その結果、時期を逸して問題が深刻化する恐れが生じてきます。
それに対して、顧問契約を締結していれば、法的問題が生じた場合や、何らかの法的問題が生じるおそれがある場合に、いつでも気軽に顧問弁護士に相談することができます。

迅速な対応が期待できます

法的問題が生じてから弁護士を探して相談することになりますと、業務内容・内情等について最初から説明して判断を求めることになりますが、それでは時間的なロスが生じてしまいます。
それに対して、顧問契約を締結していれば、顧問弁護士は会社の内情を知っているわけですから、法的紛争が生じたときに迅速に行動を開始することができます。

コストが削減できます

法律相談、文書のチェック、文書作成については、予め顧問契約にて決められた件数、時間の範囲内のものについては、顧問料の他に弁護士費用は発生いたしません。(ただし、実費は除きます。)
また、顧問契約を締結されているお客さまにつきましては、個別の案件の弁護士費用は、通常額の7割とさせていただいております。

会社の社会的信用が高まります

依頼者の印刷物やホームページ等に、当事務所の弁護士を顧問弁護士として表示することができます。
それにより、コンプライアンスに配慮した会社であることを一般消費者、取引先、金融機関等に示すことができますので、企業の社会的信用が高まります。

紛争を事前に予防できます

一旦発生した紛争を事後的に解決するには、多大な時間とコストが掛かります。
その点、顧問契約を締結していれば、日常的に法律問題を気軽に相談できるので、紛争を未然に防止することが可能になります。また、顧問弁護士がついているということは、取引先等への牽制にもなりますので、紛争を間接的に抑制する効果も期待できます。

費用

ライトプラン
(毎月1時間まで相談無料)
月額3万円
スタンダードプラン
(毎月4時間まで相談無料)
月額5万円
プレミアムプラン
(毎月10時間まで相談無料)
月額10万円

消費税が別途必要となります。
おおよその目安金額となりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

取扱業務一覧に戻る