取扱業務

刑事事件

  • 家族、友人、知人が逮捕されたが、どうしたらいいか。
  • 電車に乗っていて、女性から痴漢の疑いを掛けられた。
  • 傷害事件の相手との示談交渉をしてほしい。
  • 怪我をさせられたので、加害者を告訴したい。

刑事事件で逮捕され、逃亡や証拠隠滅のおそれがあると認められる場合、起訴か不起訴かの結論が出るまでに、最長で23日間(逮捕で3日間。その後、裁判所で勾留が認められれば、10日間。勾留延長が認められれば、さらに10日間。)、身柄拘束を強いられる恐れがあります。

その間に、被疑者に代わって、被疑者の不起訴、早期の身柄解放に向けて、証拠収集や被害者との示談交渉等を進めるのが、弁護士による被疑者弁護の活動です。被疑者弁護では、できるだけ早く弁護活動を行う必要がありますので、ご家族、ご友人等が逮捕された場合、まずは、弁護士法人ステラにご一報ください。

また、残念ながら、起訴されたとしても、無罪判決、執行猶予判決、さらには、より軽い量刑を目指して、弁護士は起訴後の弁護活動を行います。

一方、刑事事件の被害を受けた場合には、捜査機関に対する告訴、告発を行うことのサポートや被害者参加制度への対応も行っています。

いずれの局面でも、全力でサポートいたしますので、お気軽に弁護士法人ステラにご相談ください。

費用

起訴前弁護

着手金

事実を認めている事件 30万円~40万円
否認事件 50万円

報酬金

事実を認めている事件 30万円~40万円
否認事件 50万円
  • 6回目以降の接見は1回につき接見日当3万円をいただきます。

起訴後弁護

着手金

事実を認めている事件 30万円~40万円
否認事件 50万円
裁判員裁判 100万円~

報酬金

事実を認めている事件 30万円~40万円
否認事件 50万円〜
裁判員裁判 100万円~

保釈請求

着手金

10万円

報酬金

10万円

消費税が別途必要となります。
おおよその目安金額となりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

取扱業務一覧に戻る